山田真歩の存在感がやばい!役作りや出演作品など詳細まとめ

芸能






引用:https://ginzamag.com/interview/interview-mahoyamada/





女優の山田真歩さんは役作りに関して非常に独特とのことです。
ここでは女優・山田真歩さんの実際に行っている役作りの仕方、彼女のプロフィール情報、出演作品などをまとめてみました。







山田真歩さんの役作りの仕方は?



引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/16/gazo/20220616s00041000309000p.html





6月16日フジテレビ系「ポップUP!」にゲスト出演した際に体当たりな役作りに取り組んでいることを彼女が明かしてくれました。





学生時代には「代々木のホームレステントでインタビュー」したり、映画「夕陽のあと」(2018年)では「撮影地の島を10キロ以上歩いて回り、島民になり切った」などと紹介された。イラストを交えて役についてなどをびっしりと書き込む“マホノート”も明かされた。

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/16/kiji/20220616s00041000354000c.html


独特という表現も合っていますが、非常にストイックなところが感じられますね!
それだけ彼女自身が女優活動に真面目に取り組んでいるということなのでしょうか?





役作りで怖い思いをしたことは?と聞かれた山田。デビュー作となる映画「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」では「(それまで)ヒップホップをあまり聴いたことがなくて、詳しくなかった」といい、「ラッパーがたむろしているライブハウスに行って、フリースタイルバトルとかに飛び込んで行ったり、それで泣いて帰ってくるとかありましたよ。そこにいるのみんなラッパーで自由にやるんですけど、私、素人なので、吹っ掛けられて、“エーン!わからないよ!”って帰るっていう」と苦笑。「怖いもの知らずで飛び込んでしまって、それで、ラッパーの人に申し訳ないからと頑張らきゃと思って、情熱だけはラッパーと同じだと思って」と演じきったという。

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/16/kiji/20220616s00041000354000c.html



彼女自身が猪突猛進で、とりあえず考えるより行動といった性格なのでしょうか?
彼女の役作りだけでなく、意外な一面も見られましたね!


山田さんが女優をやられているというのは分かりましたが、ではどのような作品に出られていたのでしょうか?
彼女のプロフィールを交えて紹介していきます。

山田真歩さんのプロフィール情報は?





引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0111117



名前:山田真歩
生年月日:1981年9月29日(40歳)
職業:俳優





山田さんは主演級の女優というよりも脇役、いわゆる名バイプレーヤーとしての地位を築いています。





一度、出版社に就職したものの、映画、「SRサイタマノラッパー2女子ラッパー☆傷だらけのライム」で主役として演技の世界に2010年に戻ってきます。






2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの同期作家役で注目を集めるようになると、その後は8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年)やあなたの番です 劇場版(2021年)に出演するなど、一年で映画に出演する本数が最高で6本になるど、売れっ子になっていきました。









名バイプレーヤーということもあって、あまり目立ってはいませんが、着実に作品にはなくてはならない女優になりつつあるのではないでしょうか?

ネットの声は?




ネットの声をまとめてみました。










このように、ネットの声では山田さんを絶賛する声が多数届きました。
独特で個性がある人という声がありましたが、やはり存在感も別格なのでしょうか?

まとめ



今回は山田真歩さんの紹介をしました。
主演をやられている作品はあまりないため、テレビや映画で見ても最初は気付く人は少ないかもしれませんが、これからはそういった脇役、名バイプレーヤーなどの演技も見てみるとその作品の違った面白さも出てくるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました